PINOKOママからごあいさつ

はじめまして、PINOKOママと申します。

私のブログへようこそ。
そして、閲覧して頂きありがとうございます。

少し恥ずかしいですが、
私の事をご紹介させてさせて頂き、

あ~こういう普通の人だって、結婚して家庭が作れるんだな、と感じて頂ければ、幸いです。

PINOKOママ プロフィール

名前:PINOKOママ
職業:主婦、アフィリエイター、予備校コンサルタント
好きな事:温泉めぐり、お菓子・パン作り、ボーッと外を眺める事、ジャズ(特にこだわり無し)
を聴きながら、食事をする事。
出身:東京生まれ、山口県育ち

PINOKOママがこのブログで目指すもの

年々、未婚率が上昇している現在、社会的にも様々な問題が起こっています。

未婚や晩婚の実態も、皆さん一人々いろいろな理由があっての事だと思います。

その中で、一人々の不安や、焦り、寂しい気持ち、虚無感 等が膨らむ気持ちを

少しでも和らげられたら、少しでも希望が持てるようになって貰えたら、

と思い発信しています。

実際に、私自身も40歳で結婚、41歳で出産しました。

なので、結婚に対する焦りも、妊娠に対する不安も、十分

味わってきております・・・。

そして、私の経験や、独断だけでなく、

実際のデータ

・厚生労働省「人口動態統計」

・総務省「国勢調査」

・様々なアンケート結果

を元に、現状を踏まえたアドバイスも出来たら良いな、と考えております。

少しでも、皆さんのお役に立てて頂けると幸いです。

 

PINOKOママの このブログを始めるきっかけ

元々、そんなに結婚願望は強くは有りませんでしたが、

「いつしか、自然と結婚はするんだろうなぁ」くらいのつもりでおりました。

学校を卒業後、税を扱う仕事に就き、
様々な企業様の1年の締めくくりの重要な仕事を担当。

決算~申告(最終)までを任されて居たため、
否応なしに仕事に専念する日々を過ごしました。

合わせて、趣味(その当時は、テニス、茶道、社会人サークル等々)
にも熱を入れて、仕事と趣味三昧な日々を数年間過ごしていたところ・・・・

【破局物語】少々結婚に焦り気味の30代に入った時期に、
とあるセミナー(自己啓発)で、5歳年上の男性コーチと
知り合い恋愛関係になり(でも完全プラトニック・・・、)

結婚の話(やった!私は結婚できるんだ!と思っていた)が出たので、
私の親に挨拶をする、
という所まで話が進んだタイミングで、私は会社に退職願いを提出。

 

しかし、彼は私の親に挨拶に訪れず、電話で「まだ結婚する覚悟が出来ていなかった・・・」と
泣きながら謝罪。

結局、私は30代、無職の失恋女になりました・・・。

もう、その当時はやぶれかぶれで、
手にした僅かな退職金で、友達と「傷心旅行」と銘打って、
「ハワイ」へ旅行。

現地のアクセサリー等を買い漁り、好きなものを食べて・・・と、
好き放題やって辛い体験を忘れようとしてましたね。

でも、日本に帰ってくると、仕事が無く、
昼間暇なので、少し鬱っぽくなっていたのを覚えています。

これだけ、結婚が破局になるって、辛いものなのですよね。

その後、半年くらいアルバイトをしながら、
再び正社員として働き始め、40歳を目の前にした時に
知人の勧めで、とある結婚サイトに入会しました。

40歳って、大きな節目でもあります。
そしてふと「結婚のご縁は神様にお任せしよう」と思い、

この結婚サイトも何かのご縁かな?と思い、入会しました。

そこのアドバイザーさんがとても親身になってくださり、
今の主人と出会いました。

年齢的には5歳上で、初めて出会った時、
とても話しやすかったのを覚えています。

忙しい仕事の合間を縫って、何度かデートを重ね、結婚となりました。

そこから、奇跡的に子供を授かり、41歳で出産。現在に至ります。

当時の職場には、独身女性が多く、年齢も同じ位~10歳年下位まで様々です。

その女性たちは余り口には出しませんでしたが、
独り身が寂しかったり、つまらなかったり、
などの気持ちを抱えているようでした。

私も、長い独身生活の寂しさを十分味わっていますし、
結婚の破局の辛さも味わっています。

なので、そんな辛い時を少しでも短く出来たり、
結婚に対して本当に誠実に考えてくれるお相手を見つける手段を
アドバイス出来たら良いなと思い、

このブログを立ち上げました。

人生は一度きりです。
悔いのない充実した日々を送って欲しいと願っています。

私が使った「日本トップ3の成婚率を誇る結婚相談所」について

詳しい記事にしてみましたので
本気でパートナーを探したい方は
読んでみて下さい! 詳細はこちら