アラフォーが結婚できる確率を 統計データから考えてみたところ・・・

最近は、男女ともに年々平均初婚年齢が上昇し、
男性 30歳 女性29歳 となってきています。

確かに、30代前半~後半の方でも、
独身の人が沢山いらっしゃいますよね。

背景には、様々な要因がありますが、
だからと言って、

「独身の方が、気楽で良いよね!」

なんて、全員が思ってはいないはず。

とくにアラフォー世代になってくると、
周りも結婚についてうるさく言わなくなりますよね。

ちょっと寂しい気がしますが、
周りも気を使ってか、あるいは諦めているのか、

結婚の話題は、少し避けられているような気がします。

ここでは、統計調査を見ながら、
アラフォー世代の未婚・結婚率を参考に少しだけ厳しい現実に直面しつつ、

希望の道を探っていきましょう。

なお、この記事は、
厚生労働省「人口動態統計」
総務省  「国税調査」

を元に作成しています。

私が使った「日本トップ3の成婚率を誇る結婚相談所」
について詳しい記事にしてみましたので、
本気でパートナーを探したい方は、
読んでみて下さい!

詳細はこちら

アラフォーの定義とは?

今では、すっかり日常語として
使われる「アラフォー」

元々は、アラウンドフォーティー
(around 40)を略した言葉でした。

一躍世間に広まったのが、
2008年のドラマ
『Around 40~注文の多いオンナたち~』

で、ちょうど40代前後の女優さん達が出演し、
一種の社会現象まで引き起こしました。

なので、元々定義などは有りません。

そこで、「オリコン」が、
何歳~何歳までが「アラフォー」だと思うか?

と、20代~40代までの600名に
インターネット調査を実施した結果、

平均すると、37.6歳~44.6歳まで、
という結果になっています。

単純に四捨五入で40歳を指している
わけではなさそうですね。

微妙な35歳は含まず、
45歳は許容範囲ということになっているようです。

まぁ、これは個人個人の感覚も大きいでしょうから、
一概には言えませんが、

「アラサー」と呼ばれる年齢の範囲よりも
若干広い?気がしますね。

 

アラフォーの未婚率をチェックしてみるべし

では、実際の調査データを見て、実態を把握してみましょう。

先ずは、統計から見て、今の貴方の周りの状況と、
比べてみて下さい。

そして実際のところ、どう行動していけば良いかの
判断の材料になる筈です。

 最近の未婚率はどうなってる?

ここでは、年代ごとの未婚率を見てみましょう。

男女混合のデータとなります。

婚姻率のグラフ

参照:厚生労働省「人口動態統計」

最新データの2016年は
最低の婚姻件数620,531組となり

婚姻率50%と最低の割合となっています。

1970年代前半と比べると、
約半数が未婚となっています。

2000年以降、
また更に徐々に婚姻数が減少の一途をたどっています

男女共に、未婚率が上昇するのもうなずけますね。

余談ですが、これでは少子化に加速が付くのも理解出来ますね。

 

 男女別の未婚率はどうなってる?

では、男女別ですと、どうなっているのでしょうか?

年齢別未婚率の推移のグラフ(男性)

年齢別未婚率の推移のグラフ(女性)

こちらでのデータでは、39歳までになっています。

2015年が最新データとなっていて、

男性の35~39歳 の未婚率が35.0%
つまり、男性の35歳~39歳の3人に一人が未婚。

女性の35~39歳 の未婚率が23.9%
つまり、女性の35歳~39歳の4人に一人が未婚

という事になります。

男女ともに、40歳になるまでに、
3~4人に一人は未婚という事ですね。

となると、男女共に40歳を超えると
更に未婚の確率が高くなる・・・

という事になります。

ある程度予想はしていましたが、
この厳しい実態に少し汗が出ます・・・。

 

アラフォーの生涯未婚率はどうなっている?

まず、生涯未婚率とは、
「45歳~49歳」と「50~54歳」
未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率
(結婚したことがない人の割合)を算出したものです

なので、生涯を通じて未婚である人の割合を
示すものではないのです、がしかし、

50歳で未婚となると将来も結婚する予定が薄い
と考えられている為、

「生涯独身でいる人」のデータとして、活用されるようです。

なんだか、ちょっと話が難しくなりましたが、

では具体的に「生涯未婚率」はどれくらいなのでしょうか?

 

年度別に見た「生涯未婚率」

男性     女性
2000年  12.57%   5.82%

2005年  15.96%   7.25%

2010年  20.14%   10.61%

2015年  23.37%   14.06%

(国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2017)」より

 

ちょっと驚きましたね。

男性は2000年から2015年で、
生涯未婚率がおよそ2倍になっているのに対し

女性は、2000年から2015年で、
なんと3倍近くなっています。

女性の未婚化が進み、更に男性の未婚化が、
23%を超えているという結果。

晩婚化や非婚化が増加している実態がありますね。

 

アラフォーが結婚できる確率はいかに?

これまで、
なんだか気持ちが萎える話題ばかりでしたが、

じゃぁ、結局、アラフォーが結婚できる確率って、
どうなのよ!?

という事で、

先ず、2015年のデータから見ると、

 

男性の場合

男性の35~39歳の未婚率が35.0% で
男性の生涯未婚率は、23.37%

となると、40歳~50歳で結婚している人の割合は、
11.63%となります。

つまり、40歳~50歳までに結婚している人は10人に
およそ1人、という事になります。

 

女性の場合

女性の35~39歳 の未婚率が23.9%
女性の生涯未婚率は、 14.06%

となると、40歳~50歳で結婚している人の割合は
9.84%となります。

つまり、40歳~50歳までに結婚している人は、
10人におよそ1人ぐらい、または1人以下(!)

となります。

 

もしかしたら、

40歳を超えて結婚に対して積極的な対策を
取らないまま、ずるずると50歳に到達してしまった
方々が多いのでは?

と考えるのですが、いかかでしょうか?

もしそうであるなら、
こういう結果はおのずと出て当然だと思います。

 

アラフォーの婚活でベストな方法は?

これまで、実際のデータから、
結婚の実態を見てきました。

データだけを見ると、
なんだか悲しくなって、希望が失われそうですよね。

でも、私は絶対に結婚するんだ!
と意気込んで、

周りの人たちに、
「だれがいい人を紹介して欲しい」と頼んでも、
現実的にはちょっと難しいのではないのかな?

と思いますし、

自分で良い人を見つけよう、
と、いろんな所に出かけて行っても、

「素敵な人!」だな、と思う人は
たいてい
「既婚者」だったりします。

はっきり言って、

アラフォーになって、
自分で相手を見つけるのは、
時間とエネルギーの無駄使い

だと思います。

ここは、あっさりと「結婚相談所」
で見つけるべきだと、私は思います!(きっぱり) ←経験者は語る・・(笑)

そこは、独身者オンリーですし、
条件も公開されますし、
お相手も結婚を望んで入会しています。

ここで、さっさと良い人を見つけて、
早く幸せになるべきだと

私は考えます。

 

アラフォーだって、
気持ちは乙女のままです。

不安も沢山沸いてくるでしょう。

その為に、アドバイザーさんが居ます。

分からない事、心配な事はどんどん質問して
解決し、前進しましょう。

「過去のデータ」なんかに惑わされてはいけません。

自分の人生は自分で切り開くものです。

アラフォーならではの逞しさと、
女性らしさを思う存分発揮して、

素敵な方と結婚出来るよう、頑張ってください。

私が使った「日本トップ3の成婚率を誇る結婚相談所」について

詳しい記事にしてみましたので
本気でパートナーを探したい方は
読んでみて下さい! 詳細はこちら